保育室の目の前には中田中央公園があります。保育室の生活にも慣れてきたので、公園での活動も積極的に取り入れているところです。
大きな公園でのびのびと遊ぶことで、子どもたちもとても嬉しそうに遊ぶ姿が見られています。
IMG_1732
散歩の途中でかけっこをしています。歩いたり走ったりしながら、体力がつくようにしています。
IMG_1741
シャボン玉を吹いてもらうと大喜び。
IMG_1762
大きな遊具にも、年齢や発達に合わせて「自分の力」で挑戦できるようにしています。


1歳の子どもでも、転んだときは自分で立ち上がることができます。泣いているから、かわいそうだからとすぐに抱き上げてしまうことは、時として子どもの育ちの芽を摘み、自分の力が伸びるチャンスを保育(保護)者が奪っているのかもしれません。
1歳児でも2歳児でも、子どもが自分で立とうとしているときは側で静かに見守り、できたときは一緒に喜び、できなかったときは「がんばったね」と手を差し伸べるような関りを大切にしていきたいと考えています。