オタマジャクシがいた田んぼに行ってきました。田んぼに向かう散歩中に、子どもたち同士で「オタマジャクシいるかな~?」と会話が聞かれ、とても楽しみにしている様子が伝わります。
田んぼに着くと、さっそくたくさんのオタマジャクシを発見!すると、子どもたちの姿に驚いたのか、小さいカエルも一斉に逃げ出しました。
中にはまだシッポが残っていたカエルもいたので、捕まえて子どもたちに見せてみました。
写真 2017-06-20 10 00 02
↑近づけても怖がることなく、「カエルだー」と喜ぶ子も。
写真 2017-06-20 9 59 33
↑ちょっと見えづらいですが、地面をジャンプするカエルに興味津々。
写真 2017-06-20 9 59 38
↑(動かないかな~)とでも考えている様子で観察しています。

オタマジャクシがカエルになることはなんとなく知っていたようですが、カエルにまだシッポが残っていたり、オタマジャクシと同じ色だったりしたことを実際に見ることができました。
見て、触って、感じる。そんな体験を大切にしていきたいですね。